1/26

よしよしのホームページにおいでいただき、ありがとうございます。

よしよしでは、私たちの生活の中にお客さんである皆さんがおじゃまして頂き、日々の生活を家族のように共に過ごす民泊という宿泊スタイルをとっています。

 

自然とのつながり 人とのつながり 自分とのつながりを大切に 丁寧に暮らす

 

<自然とのつながり>

からだと大地はつながっています。

わたしたちのからだは自然の一部です。

 

大地がつくりだす恵み、山野草や田畑で採れた作物を頂くことでわたしたちのからだは大地とつながり、自然のエネルギーをいただくことができます。

 

からだやこころの健康を損なってしまったものを、自然とのつながりを回復することによって取り戻すことができます。

 

よしよしでは足元で採れた作物を食べることやフィールドワーク、農体験などでみなさんが自然とのつながりを回復するお手伝いをしています。

 

また、わたしたちが出すゴミや水の汚れがわたしたちの環境をそこなっていることにひとりでも多くの方が気づき、地球という大きな体が健康に循環していくシステムを自分たちの暮らしから取り入れていく暮らしづくりを提案しています。

 

<人とのつながり>

住民がつながるコミュニティづくりやイベント、仲間づくりを応援しています。

核家族化が進む中、子育て家庭やお年寄りの方々が孤立することがないよう、気軽に助け合える出会いのきっかけの場づくりしています。

 

<自分とのつながり>

子育てや仕事の忙しさに追われて、自分のことがおろそかになりがちな日常のなかで、自分のからだやこころの声を聞き、ケアするワークショップや施術をご紹介しています。

 

<つながりを生きる>
私たちがここ高遠に移住して10年が経ちます。
巨大な情報市場の都会での暮らしを飛び出して、いのちを生きるのに必要なものが必要な分だけある暮らし(足るを知る)を経験する場、循環する暮らしづくりとしてのここでの暮らしは、生きるのに本当に必要なものは何なのかを教えてくれているように思います。
自然に囲まれた里山での豊かで愛あふれる暮らしをみなさんにもおすそ分けできたらと思います。

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now